メニュー

ひとり院長経営塾(1day)

ひとり院長経営塾1day講座

このたび、院長先生向けの2時間の講座を開催することになりました。

日程:2020年2月23日(日)

時間:10時〜12時

場所:大阪市中之島中央公会堂


料金:5,000円(税別)

テーマ


関わるひと全員がファンになる 「クリニックのファンづくり」の法則 ~地域とスタッフに支持されて繁栄するクリニックへ~

こんなかたに来ていただきたいです。
・新しい患者さんに来院してほしいけれど、どうしていいかわからない医療機関さま 

・近くに新しいクリニックができたので焦っている医療機関さま

・地域のみなさまに人気のクリニックになりたいが、どうすればなれるかわからない医療機関さま 

・スタッフ間のもめごとをゼロにしたい医療機関さま

・できればあまり経費をかけずにクリニックを経営したいとお考えの医療機関さま

内容



(1)患者様=ファンという考えかた 

・5年間売り上げが下がり続けた私の失敗談

営業をしなくてはいけないと動けば動くほど、どん底に・・・   

患者様を増やすにはお金がかかる。その考えの落とし穴 



・ファンがもたらす3つのメリット   

「立派なホームページが不要になる」

「クリニックの認知度が上がる」   

「地域から声がかかるクリニックになる」    


売り上げを上げようと思うと売り上げが逃げる。

遠回りのようで近道のファン作りについ て詳しく解説します。



・ショック!あなたのクリニックを地域のひとは知りません   

知ってもらってからファンが増える。
ファン作りの順番を間違えると命取り   

待っていれば、時間とともにファンが増え続ける!という思い込みの罠 



・患者様が増えないクリニックがうっかりしている失敗とは      

患者様がファンになるクリニックには、ちゃんとした理由がある   

すぐに実践できる、営業マン不要のファン作りのノウハウを具体的事例についてご紹介



(2)スタッフ=ファンという考えかた

・「求人応募が増える」「離職率ゼロ」「スタッフトラブルゼロ」になるための簡単な考え方


・「求人応募が増える」ためのポイントはホームページのある部分にあり   

求人に経費をかけるのはもったいない。「いいひと」を集めるマル秘テクニック 


・離職率を下げるためのチェックポイント全公開


・スタッフトラブルをゼロにするには、スタッフをファンにすること   

スタッフ間のゴタゴタがゼロになるまでの具体的な取り組みを心理学で読み解く



(3)ファンを定着化するための3つのポイント

・『何となく』から『必要なときにかならず思い出してくれるクリニック』になるまでのメガ ニズム  
心理学をベースにしたファンを定着される方法を3つご紹介 

(その1)いつも思い出してもらえるクリニックになる方法       

効果的なグッズ、メール、販促物と効果的な活用法
 
(その2)思わずひとにおすすめしたくなる方法      

「どのように口コミしてほしいか」はクリニックが決める 

(その3)患者様とのきずなを強くする方法      


存在を忘れられるクリニックにならないために、ファンが多いクリニックだけがし ていること

 


詳細につきましては、直接、メールにてお問い合わせください。

mika@naoshima-clinic.com


ちょっとしたお困りごとでも、まず、メールにてお問い合わせください。
折り返し返信させていただきます。

mika@naoshima-clinic.com

以下の内容を送信していただけるとご相談がスムーズです。

◆◆ お問合せ・お申込み ◆◆
①医療機関名
②ご相談者様氏名
③住所(〒)
④携帯番号
⑤メールアドレス 
⑥聞きたい事

 image_21

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME